結婚制度

結婚制度

日本の結婚制度について紹介したいと思います。結婚制度はそもそも国によって制度の中身が違っています。

 

まず日本では婚姻が成立して、婚姻届を退出して実質的な結婚という形になっています。日本では結婚してもいい年齢は男性は18歳以上で女性は16歳以上と決められています。しかし、未成年が結婚をする場合には、必ず、片親の承諾が必要とされています。親が一回承諾した場合は、結婚する人が未成年だったとしても、その人が再婚するときには、承諾が要らないそうです。未成年の結婚だからといって約束してそれが無効になると言うことはなくて、例えば、高校を卒業してから結婚しようと約束していたとしたら、それは婚約しているということになるそうです。

 

結婚に関して他にも決まりがあって、日本では重婚は禁止されていますし、再婚する際女性は再婚禁止期間が設けられています。また近親者の間での結婚も禁止されていますし、直系の姻族間の結婚も禁止されています。また養子の親子同士の結婚も禁止されています。世界のほかの国では重婚や1夫多妻制などもありますが、日本の結婚の場合は一夫一婦制です。

 

世界にはたくさんの国がありますが、二次会の制度に関する内容はそれぞれ違っていることが多いようです。

結婚したら、夫婦間に色々な決まりごとが出来てきます。例えば、夫婦財産制というものがあるのですが、これは結婚した夫婦の間に発生する財産などの管理や生活費の負担はお互いが負担することになっています。また結婚生活にかかる費用は分担するということも決められえます。そして日常の家事も、どちらかだけが行うのではなくて、連帯して負担することになっています。結婚してから夫婦どっちの財産なのかわからないようなものは、共有財産になります。

 

結婚すると色々決まりごとが多くなりますがもちろん浮気や不倫をしてはいけないというのは前提で結婚をするのでしょうけれど、浮気や不倫については結構簡単に結婚の決まりを破られているように思いますね。

 

結婚したらもちろん効力が発生しますから多少の束縛や決まりごとはつき物ですが、それが苦手な人はなかなか結婚生活を上手くやっていけなかったり、結婚生活から逃げてしまうといった結果になりかねないようですね。結婚はお互いの契約でもあると日本では考えられていますから出来るだけお互いを尊重しながら生活することが大切です。結婚の効力を考えて結婚する人は極わずかだと思いますが、一応結婚には効力があるのです。

日本では結婚は一夫一婦制です。一人の男性に一人の女性という結婚のスタイルですが、ほとんどの世界の国々のなかではこの結婚の形態が使われています。この結婚の一夫一婦制はもともとは欧米のキリスト教の婚姻制度が世界中に広められたといわれています。ヨーロッパでは夫も妻も、結婚までは貞操義務を持っているのですが、日本では戦前に妻だけ貞操義務があったそうです。

 

結婚の形態として他にも、一夫多妻制というものがあります。これはよくテレビなどで見かけたことがあるのでご存知の方も多いと思いますが一人の男性に対して女性がたくさん結婚している形態です。イスラム教の文化が残っている国ではまたこの結婚のスタイルは使われています。ですが誰でも結婚するときに、たくさんの奥さんをもらえるというものではなくて、経済的に余裕がある人だけだそうです。

 

欧米などからは、一夫多妻制の結婚の形式は男尊女卑として非難されています。逆に結婚の形式で一妻多夫制と言うものがあります。今この結婚の形式を採用しているところはないようなのですがチベットなどでは奥さんがたくさんの兄弟を夫としているところがあるそうです。

 

結婚といっても世界には色々な結婚の形式があるようですが、基本的には一夫一婦制がベースのようです


ホーム RSS購読 サイトマップ